Pパンのナンパでネバーランド   〜Never Ending Report〜

ピストン運動に全てを捧げた少年の物語

出張先は大きめなベッドで。

間接法、直接法、ステナン。

声掛けは様々である。

 

----ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

梅雨入り直前の出張。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

久々に出張が入った。

最近めっきり出張が減ったが、やはり出張はいい。

この日もPパンは意気揚々と知らない街でストリートに出る予定であったが、ほんわか業務が溜まっていた。(´-`).。oO

 

ホテルで仕事をするか。

 

 

 

ホテルで…

 

 

 

 

 

 

 

出撃である。

 

 

 

 

Pパンはこの日イケていた。

贔屓目に見てもしばらく髪の毛も切っておらず、身体中からβ波を出していたのだが。

 

チャンスはすぐそこにあった。

 

行きのフライト。

隣が女子。声かけるタイミングを見計らっていると、Pパンは飛行機の揺れに抱かれ安眠してしまった。

瞬時に目を覚ますと、今度は隣子が寝ている。

 

\(^o^)/

 

人生そんなもんである。

 

飲み物の配給タイミングで声掛け。

転んでも転びながら声掛けるのがPパンである。

P「お姉さん、里帰りかなんかですか?」

 

こんな感じだったと思う。

特に工夫はない。密室のためOpen確定。あとは会話を途切れさせなければいいのだ。

 

目的地までお互いのこと話して、番ゲしてばいばい。

東京で飲む約束したけど、保留案件。

 

 

今日はなんだかいけそうな気がする。

 

Pパンは早々にチェックインを済ませ街に出た!

 

 

\(^o^)/

 

 

BO~~~~SE!!

 

最近の疲れもあったのか、スーツで歩き回る元気もなく

その日は10時間近く寝たのであった。

 

 

翌日、出張はまだまだ続く。

 

 

早々に仕事を終わらせいざ!・・・とはならず。

上長より急遽対応してほしいことがあるとのlove call。

 

この街は電気が落ちるのが早い。

 

Pパン速攻でナンPプランを変える。

 

みんな大好き駅前スタバで釣り師スタイルを敢行する。

 

早速、隣のJD2人組にパソコン見てて貰えますか?で伏線。

ホテル戻って、用を足す。

 

戻る。ちょい喋る。うむ、いい感じだ。

明後日はテストらしく今日は徹夜で勉強とのこと。

この後も別の友達と最寄駅でまた勉強するとのこと。

うん。回収できる気がしない。 

 

そうこうしていると、珍しくきゃわたん発見。

店を出たので、とりあえず追う。

 

P「お姉さん、、、この街の人?」

 

Open、番ゲ。

今日は友達とビアガーデンとのこと。和み足らず終わった案件である。

 

 

出張してて迷うのが、出張中であることを伝えるか否かである。

確かに「出張できたんだけど」オープナーは気兼ねなく使えるが、やっぱり発展させにくい。ワンチャンの香りが強いのだ。

 

とりあえず、きゃわたんにメッセージ送ってカフェで仕事する。

 

その後もちょいちょい女子くるが声かける気にならず、仕事する。

20時で切り上げ、今日も元気に枕を濡らすかと考えてると、、、

 

 

喫煙所に高いヒールはいた女子がいる。

 

一旦通り過ぎるも、まぁ行くか程度に声掛け。

 

この街はいい街だ。Open。

23時まで暇とのことなので、ご飯食べ行くことに。和む。ご飯もうまい。最高である。

 

出張先で、よく知らない女の子と喋りながら地元の名産に舌鼓を打つ。

 

これだ。これがこの会社に入社した理由だったじゃないか。

 

満足である。

 

話してみると万札しかないとのことだったので、まぁまぁと無いカネを振り絞って奢る。

ここで奢ってもらえないところがPパンのしょぼ腕たる所以である。

 

店を出ると、

♀「待ち合わせまで、まだ時間あるなぁ」

 

 

バカでもわかるlove callである。

満足していたPパンは我に帰り、

 

P「じゃあ、時間までホテルで軽く飲みなおそっか」

 

♀「うん。いーよー。」

 

出来レースに仕上がりました。

 

あとは、30分でカタをつけるだけ。

 

ここでPパンアイスを買うという痛恨のミスを犯す。

 

アイスを食すこと30分。

 

 

タ〜〜〜イム、アップ!

 

 

ギラつく。

 

 

グダなし。

 

 

 

友達から電話。

 

 

遅れて行く旨伝えるも、友達怒る。

 

Pパンは股間にテントを張りながら、じゃあ行くか。と余裕の放流を実施。

 

あとで回収する気しかないPパンだが、全力で余裕ぶる。

 

友達のところまで送る道中、念には念を入れて友達が見えたところで濃厚めにキスをする。

 

 

(´-`).。oOこれで火ついたはず。。

 

 

友達がくっそ睨んでる。地雷じゃないことを祈る。

 

一旦バイバイ。

 

 

Pパン回収プランに向けて仮眠。

 

仮眠中、LINE気づかず爆睡。笑

 

朝3時。起床。

 

LINEで軽くメンテすると。

 

♀「ほな、いこかな」

 

 

よだれが出ました。

方言を文字で起こされると未だに萌えます。

 

ホテル着く。

 

部屋入る。

 

 

ベッドではなくソファに座ったので、問答無用でキス。

 

 

目をみて仕上がり具合を確認する。

 

問題なし。

 

 

ベッドイン。

 

ノーシャワーなので、言葉責め。

P「めちゃめちゃいい匂いする(うそ)」

 

下を触ると、濡れすぎなくらいだけど、いい感じにねっとりしている。

 

全部言葉にして伝えてあげるPパン。

 

初回Hって前戯が楽しいから好きである。

 

 

性向。

 

 

ヒール履いてたから気づかなかったけど、ぽちゃ子だった。

 

Pパン、実はぽっちゃり 初体験である。

 

正常位でハラミに萎えかけたけど、巨乳なので相殺。

 

 

 

濡れ方がとてもエロく、起きるたびにまどろみながらイチャこいた。

 

 

 

♀「また、会いに来てね。」 

 

 無言でキスしてバイバイ。

 

 

出張はしばらくありません。

 

世知辛い世の中ですね。

 

 

出張が増えるよう祈るPパンであった。

 

ヨネスケの逆襲 Edition.1

その日は同僚と飲み会。

久々の幹事に沖縄料理をチョイスした。

 

夏間近、爽やかな湿気が脇の下をくすぐる、そんな照れ臭い季節である。

 

最近飲み会を控えてたためか、泡盛がすこぶる進む。

 

飲み会後、Pパンは同僚にお別れをし、街に出た。終電までと決めて。 初めてのコリドー街である。

 

まずは、散策。

 

トコトコ

 

 

トコトコ

 

(*´Д`*)。迷った。

 

 

だがしかし、気がつくとそこはコリドー街であった。

終電間近、全力で帰る人、終電を逃そうとしてる人。ナンパ待ってる人。キャッチ。あとPパンである。

 

率直に行って、ナンパ待ちの子はすこぶる質が悪かった。\(^o^)/

 

時間帯なのか、Pパンの器の小ささなのか、声を掛けてもお高く止まるのである。

 

_(:3 」∠)_

 

Pパンは二声かけだけして、終電を目指しふらふら駅まで歩いた。

 

そこは新橋。

銀座という魔法が溶ける街である。

 

改札前、ゲロ子とノーゲロ子を目視。

 

秒で手元にあった飲み物を差し上げる。

 

 

まぁ、拒否られる。

 

ノーゲロかわいいので少し話す。

 

すると、最低なナンパをされただの、お兄さんウケるなど、はたまた乗りたい電車まで連れてってと。

 

なんだと。

 

 

Pパンは決心した。

 

 

今日は帰りまぺん_φ( ̄ー ̄ )

 

 

ただ、まだ十分ではない。

 

 

電車で和む作戦に出たPパンは全く関係ない路線に乗車した。

 

ありがたいことにそこそこの混み具合。

 

和む。笑う。笑う。

 

きゃわたん「お兄さん、なんか安心する。」

 

きた。

 

 

きゃわたん「お兄さん、今度お店来てよ!」

 

P「・・・・」

 

P「(。-_-。)・・・全然いらん。名刺とかいらん!」

 

 

名刺を渡そうとするので、Pパンは全力グダる。

 

受け取ったら負けだ。

 

受け取ったら負けだ。

 

 

迫真のグダにより、名刺の話はなくなる。

 

そんなこんなで、グダグダと彼女の最寄りで下車。

 

 

ヨネスケに心踊るP〜パン!

 

話を聞けば、4月に地方から状況して来たばかりだという。

 

P「 (´-`).。oO(これは…スレてない高品質案件ではないか。)」

 

Pパン隠れてガッツポーズを決める。

 

きゃわたん「駅に財布買ってくれるとか言ってる男が待ってるけどどーする?」

 

P「(´-`).。oO(スレてるやんけ。。

 

P「行ってきなー。10分待って連絡なかったら帰るわ〜。」

 

 

その名も<逆タイム・コンストレイント・メソッド>である。

 

恋愛工学のメソッドをまるっとパクってみたが、要するにただ短気なだけである。

 

 

1分後。

 

着信アリ

 

きゃわたん「もうバイバイしたけど、まだいる?」

 

 

今思いついたようなメソッドでもワークするのである。

 

合流。

 

きゃわたん「ラーメン食べたくない?」 

 

 P「え。。・・・・確かにー」

 

 

Noとは言えないのがサラリーマンの辛いところである。

 

もういい加減夜中なのだが、付き合うPパン。

 

 

最近の10代、20代の女子の胃袋はよくわからない。

 

完食。

 

 

きゃわたん「てか、本当に家は無理だよ。」

 

P「わかるわかる。確かに家はないわな〜」

 

きゃわ「でも居酒屋もないしな 〜」

 

もう食えんがな。

 

 

歩く。

 

歩く。

 

 

 

きゃわたん「で、どうするの」

 

P「家まで送るよ〜。どの辺?」

 

きゃわ「もうここだよ〜。てか、家来る気でしょ?」

 

P「入れてくれるならいくよ〜。」

 

きゃわ「彼氏いるし。そういうのはむり。」

 

P「エロいことはしないわ。あったばっかだし。笑」

 

きゃわ「それでも家はむりだよ〜。」

 

P「じゃあ、そこのパーキングでもう少し話そ。話してて面白いでしょ?笑」

 

きゃわ「それならいいよ!」

 

一命をとりとめたPパンである。ちなみにタクシーで帰る気は毛頭ない。

 

in パーーーーーキング!!

 

和む。1時間半ほど和む。茶で。

 

風が吹いたので寒いふりをする。

 

P「寒くなって来たし、家で話そうよ。」

 

きゃわ「う〜〜ん。いいよ。」

 

・・・・

 

・・

 

 

<祝>ヨネスケ!!!

 

 

2回ほどギラタイミングを見過ごした後からの、ベーーーーーッドイン!!

 

 

彼氏グダ!!!

 

時刻は朝の4時!!

 

股間はすでにご就寝の様子。

 

・・・

 

 

・・・・・

 

 

負け1!www

 

 

 

P〜〜〜〜〜〜〜〜っぱん!!!

 

 

ヤキニクレディとの戦い

今日はmeet party。

全くもってそんな気分じゃなかった。

 

あれは、花見の季節。

仕事帰りに意気揚々と声かけを始めた。

スーパー脱力した写真オープナーで最初の声かけ。2人組がOpen。

 

一時は自撮り棒の氾濫によりお蔵入りも検討された写真オープナーであったが、

なんだかんだで自撮り棒は全盛期より減ったように思える。

 

帰るということで駅まで送ったが、まさかの飲み打診されるというモテ期到来。

 

(´-`).。oO(Pパンにもやっと春きたか。)

 

 

だがしかし、よりによって横丁行くとのことなので、所用もありお断り。

途中でLINE交換し、そのままバイバイした。

 

Pパンは別名ブスとりホイホイと呼ばれており、Busu子達からの食いつきには自信がある。

しかしである。今回は中の中くらいであった。

そんな彼女から割と強めの食いつきあり、すんなりアポが決まったのである。

 Pパンもついに次のステージに突入したのか、と悦に入っていたのもいい思い出である。

 

(´-`).。oO(春きたか〜。)

 

 

当日はみんな大好き焼肉とした。

 

アポ当日、煙たくない店探してみるものの、どこもいっぱいである。

 

  • 〔;・Д・〕

まじか、困った。

 

 

若干困るも一軒ヒットしたため、下見開始。

店と店の周辺の立地を確認したのは内緒です。

その日のプランを考え、案の定遅刻してきた彼女を迎えに行く。

 

改札でナンパされかけている彼女の化粧を見て勝ちを確信した。

 

化粧めっちゃ濃い。(*´ο`*)=3

 

話しながらお店に行き、一軒完結を狙い和みを開始して行く。 

in肉屋!

ほどほどに食べ、ほどほどに飲むものの、何かがおかしい。

仕事の話、元彼の話、恋愛観、すこぶる順調なのだが、フェーズシフトが出来ない。

 

なぜだ。なぜだ。なぜだ。なぜだ。なぜだ。

 

煙を吸う煙突が邪魔でなんか距離が遠いのである。

これは、Pパン、初体験である。

 

雰囲気そのまま、店を後にした。さて、まだ時間あるとのことなので適当な理由つけて散歩開始。呼んでもないのに、下見の際に目を付けていた公園に勝手に行く彼女。

 

距離が縮んでいないのに、なぜこんなに計算通りなのだろうか。

 

Pパンは考え、そして結論に至った。

 

P「オレは、、、天才かもしれない」(。・д・。)

 

天才は悦に入った。公園に入ると、すでにスポットは他の者に奪われていた。

そう、時は戦国時代。策士策に溺れるの巻きであった。

 

気を取り直して、あるく。歩く。どこまでも歩く。

 

駅着!ギラつく!!

 

ハイパ〜〜〜〜〜!!!

 

 

 

グダ。

 

あまりの計算通りに反応に顔がにやけたほどです。

 

明日引っ越しグダは終電逃させ。手は出さないグダを適当に流してPパン宅in。

 

完全なる泥試合である。

   

早速ギラつく。本日2度目のグダ。

映画を見たいと言い出す。儀式のようなものと思い、映画始める。

Pパン映画が思いの他面白く、彼女を放置。

 

気がつけば2時間が過ぎていた。

 

お互いに眠い。元気なのはリトルPだけである。

ベット打診し、移動。何もしないと言いながらギラつく。

 

そ・

 

 

・・・・くれない。

 

死にかけの蚊のように、丁寧に攻める。

 

首筋

「ん。。」

「んっ。。。」

ほっぺ

「・・・」

胸は素通りし、手を股の隙間に滑り込ませる。

 

「あっ。 。。」

「あん。ちょっ。。ん。。。」

 

Tバックが硬い。

kuriいじる。

「あ、、いぃ。。あん、ぃきそぅ。。」

 

彼女はそのまま身体をくの字に曲げた。まだ少し体が痺れているようだ。

 

彼女は言った。

「もうお終い。何もしないって言ったのに…ないわ。」

 

な・・・・

なんだと。。

 

くれない。

 

ここで某ブログから学んだお家芸を発動。

 

ちん出しする。

 

「・・・、しまって。」

 

そ・・・・

くれない。

 

ただの豚である。

 

困った。Pパンの頭には「反省している猿の絵」と「Tバックは何色」だったのか、

その2点だけが、山手線のように周回していた。

 

反省点。

焼肉屋で話を聞いている最中、眉間にシワが寄っていたらしい。 

煙突について悩んでいたからであろうか。

 

準々即狙うなら、キープ化するか、完全に嫌われるかのどっちかだろう。

そこまで、がんばる必要はないのであった。一期一会である。

 

Scoreは一負け。

 

結論

ご飯は所作が少しばかり気になる子と一緒だと、美味しくなくなる。

 

 

 

P~~~~~~~〜パン!!

 

 

 

辛酸をなめた日

Pパンあらため辛酸なめろうがナンパを始めたのが2016年の10月。

あれから半年が過ぎた。街コン×1。クラブ×1。ストリート×複数回。

数えきれる程しか出ていない。

そんな一球入魂タイプのPなのであるが、最近は何を隠そう調子乗っていた。

ナンパの仕方もウェイウェイした感じになっていたのだ。

 

痛恨の失態に気付き、本日付けより修正に入った。

そして今日、朝一で地蔵した。( ´ - ` )..oo0

出勤中、今日は街に繰り出すことを決めていたPパンはこれ見よがしに仕事を終わらせ帰路に着こうとした。

そして帰宅中、また地蔵した。( ´ - ` )..oo0

 

どうしたおれ。

 

 

がんばれおれ。

 

 

選手生命終わりである。

今日は出るのをやめようかと思った。

 

ここで出なかったらまたリハビリからだ。どこかの偉人が言った。

「あの子はわずか6ヶ月で異様なほど急速に力をつけてきた。

 プレイから長い間離れてしまったらそれが失われていくのもまた早い。

 この6ヶ月がまるで夢だったかのように・・・」

 

あれは夢だったのか。

 

 

否。

 

Pパンは出撃した。それも全身ユニクロで。本気である。

 

まずは某ヒカリエでお気に入りの香水をつけた。乞食である。

店員からの「ご案内しますよ。」との甘い誘いを振り切って、まずは表サンドに向かった。

 

トコトコトコ。

 

トコトコトコ。

 

目的地にいくことに集中しすぎて道中声かけを失念した。本末転倒である。

 

さて、表サンドである。道に迷った白人を発見。

シ○ネルに行きたいと。そうかそうか。ふむふむ。

いでよ、go0gle map!!

 

ただただ道案内をしておわった。

・・・・なにをしているんだ。おれは。

 

とても助かったと、ありがたい言葉を受けてバイバイした。

 

ここで、Pパンは思い出した。

 

そうだ。白人を抱きたかったんだ。

 

先ほどの子(割と年上)には偶然を装ってあとでシ○ネル付近で待ち伏せをしよう作戦を秒で考えた。天才である。なぜ、その瞬間に追わなかったのかは気にしてはいけない。Pパン本人ですらその行動に理解を苦しむ。

 

 

しばらく歩いていると先ほどのレディより明らかにタイプの白人が見えた。

 

追うPパン。何を思ったのか道すがら違うJPNガールに声かけ。

ガンシカかと思いきやなぜかOpen。しかし、白人が気になって集中できない。放流。

なぜ声をかけたおれ。しっかりしろおれ。

 

白人lost....

 

シ○ネルに戻る。

 

店Close....

 

(*´Д`)=3

わろす。

 

しょんぼり胸張って歩いていると明らかに若い2人組から視線を感じる。

P「高校生??」

2人組「そうです」

P「( ´ - ` )..oo0(ですよね。。)」

放流。

 

そろそろ街を変えようとしていると男2人女1人物語系グループから声をかけられる。

なぜか仲良くなる。

和む。

 

和む。

 

女の子明らかにかわいい。

 

和む。

 

和む。

 

手が滑ってメンズから番ゲ。

 

こんど一緒にナンパすることを軽く口約束する。

まずはごはんからですね。

 

無事に貞操を守ったPパンはヤーシブに移動。

 

道中某有名人がいたため、その後ろを付け「有名人に反応した女子をOpenする作戦」別名「他力本願作戦」に出たが、誰も振り返らない。

ちょっっ。人気出せこら。他力本願作戦は見事に失敗した。

 

他力本願を終えると足がきれいな白人発見。追走。

声かける。

 

シカト・・・いや、若干にやけてる。

粘れおれ。チャンスだおれ。英語だけど粘る。ボキャブラリーが足りない。

粘る。

 

あきらめかけた瞬間。

 

まさかのO~~~pen!!yeah!!

 

年齢を聞かれる。

Pパン「25」

 

無駄に訴訟する。最近の悩みなのだが、何歳が正解なのかわからない。

特に外人は何歳かわかりづらいため、最適解がとっさに出ない。

まぁ年齢は適当でいいとして、がんばっての並行トーク

日本語打診。拒否られる。

英語つらいと打診。

ロシアン「you should try your best」

 

・・・いいこと言うじゃないか。

 

ちょいちょい沈黙しながらなんとなく会話っぽいことをしてみる。

和めない。うむ。和めてないな。

そうこうするうちにタイムアップ。今日はこれから友達とmeetingで本当に時間がないのとのこと。

 

番ゲのための前振りフレーズが出てこない。(涙)

今日一肩を落とした瞬間であった。

 

P「Sea u」

ロシアン「maybe」

 

「maybe」とは便利な言葉である。「どっちでもいいよ」と同じくらいのけだるさを持つ言葉だなと思う。Pパンもよく「maybe」言ってるので気をつけようと思う。

 

結果。

1番ゲ(♂)

 

 

Oh~~~~~~~~~~yeah!!!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽園作っちゃうぞ♡

こんにちは。

Pパンです。お初です。

今日から始まります。NER=Never ending report.

 

紹介すべき自己は何もありませんが

徒然なるままに、これまでの思い出、これからの思い出。

恋する乙女のように赤裸々に投稿しようかなと思います。

 

Never endingなど書いてみましたが、何事にも終わりはあります。

志の高い文章でもなければ、ナンパを普及して社会貢献を目指すブログでもありません。ww

 

どうか真摯に受け止めず気軽に読み流す、そんなイマドキのスタイルでご愛好いただけれたら幸いです。

 

それでは、みなさま。Pパンの直近の目標は3Pと白人です。

ほどほどにいきましょ。(*´ω`)/